本文へスキップ
 

初天神祭

1月25日は天神様の新年最初の縁日「初天神」。平安時代、京都に天変地異が起こり悪疫が流行したのを、大宰府で非業の最期をとげた菅原道真の霊の祟りと考え、北野天満宮に祀ってその霊をなぐさめたことから天神祭が始まった。湯島天満宮の境内とその界隈は江戸時代から有数の盛り場として宮芝居や植木市、各地の出開帳があって江戸町人の憩いの場として繁昌した。この日は「うそがえ」の日だが、丁度受験シーズンと重なることから、ここ天神社では近所の子供たちの習字を本殿に展示して大勢の人に見てもらったり、学問の神様に合格を祈願したり、各種お守り札を求める学生や父兄の姿が目につく。



平成29年度 平成30年度
平成31年度

○○の日記